文星芸術大学 彫刻専攻なになに?彫刻専攻Blog
実習室、工房での様子などなど紹介いたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
6月9日 土練機 18:14
これは土練機(ドレンキ!)粘土層から出した粘土を入れると練ってくれます。実は結構パワーがあるので危険な機会です。
中こんな風になってます。粘土層です。深さ120cm縦横1m×2mぐらい
 前回のコメントに 床の穴に関する質問がありましたので、それにお答えする形で

土練機!粘土を使う時のパワフルなやつです。
くれぐれも指や腕を突っ込まないよう、注意!です。
ちなみに、これは水粘土、お隣にはテラコッタの粘土層があります。色や、粒子の粗さ、粘り、焼いたあとの硬さ、などなど色んな違いがあります。
基本的に水粘土は焼かないで、何度も使いまわします。
| 道具 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 文星 彫刻専攻 -
スポンサーサイト 18:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








穴の中はこのようになっていたんですね。ありがとうございます。

土練機って、おおがかりな道具ですね。さすが、彫刻。

そして、粘土も沢山種類があるのですね。違いとか気になりますねぇ(ドキドキ)。
posted by 油画OGの子鹿 | 2009/06/09 8:54 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bun-sculpture.jugem.jp/trackback/3
<< NEW | TOP | OLD>>